SITE MAP
 クラシックギター専門店ギターライフ社
 MENU CLASSIC GUITAR GOODS 糸巻 TOP 糸巻の不具合
 
糸巻の不具合
 糸巻は消耗品です。長期間使うことでギアー部分が消
 して糸巻として機能しなくなります。又、プラスチッ
 ク製のポストローラーは劣化して割れることもあります
 。糸巻の耐用年数は使用頻度にもよりますが、通常10
 20年位です。 不具合の実例
 弦を巻き上げる時キシミ音が出ることがあります。原因
 は糸倉の加工や仕上げが粗雑であることが最も多いです
 。キシミ音が出るということは糸巻に大きな負荷が係
 ているということです。放置せず、糸倉を修正すること
 を勧めます。楽器の製作段階での糸倉の角度や形状に問
 題がある場合もあります。この場合は糸倉を改修するこ
 とで解決します。 ナット溝良が原因で糸巻不良の
 ようなシミ音が出ることもありますこの合は
 ット溝の修正、又はナットの交換が必要です。中南
 米で製作されている糸巻の中には精度が悪い為、新品の
 時からスムースに巻くことができないような製品もあり
 ます。
糸巻の交換
 現在、糸巻のサイズは3連の35oが主流ですが、過去に
 製作された楽器のなかには単式の糸巻や、3連でも36o
 37o 39o 39.5oなどがあります。30年位前日本製の
 糸巻は“39o”と“39.5o”が多く製作ていました。そ
 れより以前には単式の糸巻が採用されていた経緯があり
 。現在35o外の糸巻はが少なく、中には
 製作されていなサイズ糸巻りま
 糸巻や稀少サイズの糸巻でも糸倉を改修すること
 や、現状の穴を塞いで再度穴を開け直すことで現在の糸
 巻をSETすることが可能です。
 
 
 
 
 
 
 御自身で糸巻の取り付けをする場合は糸巻のサイズを正確に測ってから購入して下さい。サイ
 ズが同じでもポストローラーの規格が異なることがあります。同一メーカーで同一の品番でも
 そのようなことがあります。この場合は糸倉の改修が必要です。糸巻をヘッドに固定するビ
 の位置が異なる場合は現状のビス穴を塞ぎ、ビス穴を作り直す作業をすることになります。
 糸巻のサイズの測り方
 
 
 
 
 Copyright(C)2001〜 Guitar Life LTD .INC. All Rights Reserved.