SITE MAP
 クラシックギター専門店ギターライフ社

 MENU クラシックギターの見方・選び方 クラシックギターの管理 @ クラシックギターの管理 A

ギターの管理用品
“ギターペット”は原材料のシリカゲルがケース内の水分を吸収します。
逆に乾燥時には水分を排出します。ケースに2〜3個入れると効果的です。
ギターの手入れ
湿度調整シートは湿度管理に効用があります。急激な湿度調整をしないことから安
全であると共にシート状で収納性が良いです。ケース内に1枚入れるだけでOKです
ギターの汚れを落とす際、軽微な汚れであればクロス等で磨くだけで良いですが
れが強い場合はギターポリッシュが適しています。
 ポリッシュの使用樹脂系の塗料で塗装された楽器の場合は問題ありませんが、セラック塗装
 の場合はポリッシュによっては化学反応をこ起し、塗膜が崩れることがあります。リッシュ
 を使用する際は塗装の種類に注意して下さい。
最も汚れやすい指板はポリッシュでは汚れが落ち難いと思います
指板のれ落としには[指板潤滑剤]が適しています。
 弦の張り替え時に清掃作業すると良いです。
 
 
ギターケースの中は安全・・・
 ケース内は決して安全ではありません。[長期間楽器がケース
 の中は想像以上に過酷な状態です。密閉されたケース内は
 かなり湿度が上がります。時折ケースから出して風を通してあ
 げると良いでしょう。楽器は高湿度にさらると楽器全体が
 膨張しますネックは順反りし、楽器の力木が剥がれ、時
 には膨張率の高い内部力木が横板を突き破ることもあります
 楽器をケースに入れた状でも湿度が高い場所での保管は避
 けるべきです。
 
頑丈なケースに入れた楽器は安全・・・!
 ギターがケースに入った状態で倒れたり落としたりすると
 スに外傷がなくても衝撃でケース内のギターが割れとがあ
 ます。ケースの外装は硬いと良さそうですが、際は布な
 衝撃を吸収する素材が優れています。
 
 
 
楽器を使用していない時弦は・・・
 通常、楽器を使ってない時、弦を緩める必要はありません。板割れがある場合、箇所によっ
 れが広ることがあります。このケースに限っては弦をに完全緩め早期に修理すること
 勧めます
 
クラシックギターの管理  
 
 
 
 
 
 Copyright(C)2001〜 Guitar Life LTD .INC. All Rights Reserved.