SITE MAP
 クラシックギター専門店ギターライフ社

 MENU クラシックギターの見方・選び方 クラシックギターのグレード @ グレード A グレード B

クラシックギターの横板・裏板
 
KGL1:ROSE WOOD
KGL2:ROSE WOOD
KGL3:JACARANDA
 
 
 
 ギターの表面板(響版)が創り出す音はボディ全体で増幅
 ます。横、裏板は音を吸収してしまうのではなく、音
 反発するような質量が大きい素材が求められます。それ
 横、裏板にはローズウッドやハカランダのような
 味がた重い材料が使用されます。横、裏板の材質は
 音量、音の重厚感に表れます。表面板の材質だけでなく、
 横、裏板の材質も楽器のグレードに直結されます。写真右
 はブラジル産のハカランダで、クラシックギターの横、裏
 板として最高ランクに位置付けられている材料です。
 ブラジル産のハカラダ材を使うことでローズウッドに比
 べ、製品価格は30万円以上高くなります。ハカランダ材は
 ブラジル以外に近隣諸国のベネズエラ産や同緯度に位置
 アフリカ産、などもますが、ブラジル産のハカラン
 ダ材は他の産地のものと一線を画すものです。おまじ
 いや神通力で良い楽器は出来ません。良い音は良い素材
 ら生まれるということです。同時に製作者の技術、経験が
 不可欠であることは言うまでもありません指板の材質が
 わることでも音が変わります。
 
   
 
 ローズウッドの指板とーエボニー“黒檀”の指板は音の違いが顕著に出ます。ローズウッド
 べ質量が大きいエボニーの方が音の重厚感を感じます。
 
クラシックギターのグレード
 
 
 
 
 
 
 Copyright(C)2001〜 Guitar Life LTD .INC. All Rights Reserved.