SITE MAP
 クラシックギター専門店ギターライフ社

 MENU クラシックギターの見方・選び方 クラシックギターの初期設定 TOP CLASSIC

弦高のセッティング【CLASSIC】
 @AB弦0フレット:1 〜1.2o CDE弦0フレット:1.3 〜1.5o
 @弦12フレット:3o E弦12フレット:4.0〜4.2o
 ※弦高0フレット:指板〜弦  ※弦高12フレット:フレット上〜弦
 
 
 上記の弦高設定は全ての楽器にあてはまるものではあ
 りません。メーカーによってフレットの高さが異なる為、
 上記の0フレット弦高は適用できません。外国製の楽器
 の中に平均的なフレットと異なるものが幾つかあります。
 「J.RAMIREZ」や「M.VELAZQUEZ」のフレットが該
 します。ネックの状態によっても弦高設定を若干変更した
 ほきうが良いことがあります。弦高は高すぎれば弾き難く
 、低すぎるとビリつます。例えば弦高を低くする場合、ネ
 ックやフレットの状態にもよりますが、表面板に対するネ
 ックの差し込み角度が浅い楽器の場合はビリツキ音が
 出る為、弦高を低くすることができないことがあります。
 それとは逆に差し込み角度が大きい楽器は弦高を下げ
 る為にはを改修しなければならないことがあります。
 その設定は大変デリケートで、同一メーカーの製品で
 あっても個体差があります。
 弦高のセッティング不良
 
 
 
 
・ナット
・サドル
 
 弦高設定は弾き方にも大いに関係があります。最適な弦高設定であっても良からぬタッチで弾
 けば良い設定が台無しになります。不快なビリツキ音が出ない様、良い弾き方を身につけてい
 ただくことを望みます。
 よい音を出す為に
 
 
 
 
 
 Copyright(C)2001〜 Guitar Life LTD .INC. All Rights Reserved.