SITE MAP
 クラシックギター専門店ギターライフ社

 MENU クラシックギターの見方・選び方 クラシックギターのサイズ @ クラシックギターのサイズ A

 
ネック巾・弦巾
 弾き易さは弦長だけではなく、ネックの形状や0フレット
 含めた弦高も関係あります。ネックは厚みのことがよく
 言われますが、必ずしも薄いほうが弾き易いとは限りませ
 ん。ギターの弦をさえる左手親指の位置がネックの中心
 から少しはずれたところにあることが多いからです。薄す
 ぎると左手全体で握ってしまうようになり、かえって力が
 入ってしまいます。ネックの厚みよりネック幅や弦幅が大
 きすぎることのほうが問題です。楽器は音色を楽しむだけ
 のものではなく、音楽を創る為の道具です。使い勝手が良
 いか悪いかは最も重要なことで、弾き易い楽器を選択する
 ことは、他のことを多少犠牲にしても優先すべきことでは
 ないかと思います。
 
 
 
 クラシックギターの弦長は650oが標準とされていますが、固執する必要はありませんクラ
 シックギターの音質は弦長が長い方が有利ですが近年、640oサイズでも、よく究された楽
 器は650の楽器と比べても音質的に遜色がないものもあります成長過程ある人に限らず、
 成人の方でも弾き易さを重要視するならばショートスケー を試み如何でしょうか。
 
 “弾き易い楽器”の要素は弦長だけではありません。ネック厚、ネック巾、ネックの形状、弦巾
 、弦高のセッティング、など全てのファクターが関係します。ナットとサドルを標りやや
 低めにするだけでも弾き易さを実感できます。弦の種類「テンション」をてみることも良
 いでしょう。
弦長:660oネック幅 0F50o】【ネック厚1F:21oという仕様の器があ
 660oですが、ネックの形状が良いことから平均的な650oの楽器りも弾き易さを感じま
 す。
 
クラシックギターのサイズ  
 
 
 
 
 
 Copyright(C)2001〜 Guitar Life LTD .INC. All Rights Reserved.