SITE MAP
 クラシックギター専門店ギターライフ社

 MENU クラシックギターの見方・選び方 OLDギターの見方 @ OLDギターの見方 A OLDギターの見方 B

 
バスバーの剥がれ
 クラシックギターの内部は強度を確保する為、表面板、横
 板、裏板、全て力木で補強されています。中古品のように
 年月を重ねた楽器は、伸び縮みを繰り返している為、力木
 が剥がれていることが多くあります。部分的な剥がれは経
 験者でなければ判断することができないと思いますが、重
 症の場合はビリツキ音が出ます。力木剥がれは表面板、
 横板、裏板、全て可能性があります。
フレット磨耗
 フレットは消耗品です。弦が当たる部分は長年使用するこ
 とによりフレットが凹状態になります。使用頻度が高い1
 3フレットを見ると判りやすいと思います。
フレット浮き
 湿度変化により指板が収縮することから、フレットが部分
 的に浮いてしまうことがあります。力木剥がれと同様、音
 がビリつくことで気付くことがあります。フレット浮きは
 すると音質の差でわかります。
 
ネック反り
 ネックの状態を見る時はボディ側からではなく、ヘッド側
 から見ます。目をヘッドに近すぎないよう、若干斜めの位
 (0フレット〜19フレット全体)を見ると良いです。
 ネック反りの修正は通常5万円前後ですが、重度の反りの
 合、指板の厚みによっては指板の交換ということもあり
 ます。中古ギターの重要チェックポイントです。
糸巻の劣化
 弦を巻き上げる際の感触で判断できます。ギアー部分が磨
 するとキシミ音が出たり、スムースに巻き上げることが
 できなくなります。プラスチック製のポストローラーは劣
 化すると割れますので、弦を巻き上げながらチェックする
 いです
 
 
 
OLDギターの見方
 
 
 
 
 
 
 Copyright(C)2001〜 Guitar Life LTD .INC. All Rights Reserved.