SITE MAP
 クラシックギター専門店ギターライフ社
 MENU ミニチュア弦楽器工房 TOP セラック塗装
セラック塗装
 楽器の塗装にはラッカー、カシュー、ウレタン、セラック、などが使われています。ラッカ
 ー、カシュー、ウレタンは原材料が樹脂系の塗料で塗膜が丈夫で作業性も良く、耐用年数が
 長いことから多くのメーカーが採用しています。塗装は薄すぎればその役割を満たさなく、
 厚すぎると別の問題が発生します。塗膜は厚すぎるとクラッキングを起こすことがあります。
 どのような塗料であっても厚すぎる塗装は良くありません,
 
 
セラック
 楽器の塗装に古くから使われており手工ヴァイオリンなどにも
 使用されている塗料で、音的に大変良いとされています。セラ
 ックの材質はカシューやウレタンが樹脂系であることと異なり
 虫の分泌物です。セラック塗装は作業効率が悪いことや、塗膜
 の光沢感が乏しくベタつく感があることから限られたメーカー
 にしか採用されていません。セラック塗装が仕上った状態を見
 ると材質は柔らかそうに思われますが、実物のセラックはたい
 へん硬いものです。硬いままでは塗料になりませんから塗装
 際に溶液に溶かして使用します。セラック塗装が崩れてい
 を多く見かけますが、それはセラックの材質そのものが問
 題ではなく、溶液とその使い方にそうさせる原因が あります。
 セラック塗装の良い方法は純粋なセラックをアルコールで溶か
 して塗装する手法です。この手法で塗ると混ざりものがなく、
 比較的塗膜が強く上記のような状態にはなりません。この方法
 は少しずつしか塗装できない為、大変手間のかかる作業にな
 りコストが高くなってしまうのが難点ですが、セラック塗装を
 する上では最も良い方法だと思われます。
   
 
 セラック塗装は樹脂系の塗装と比べると塗膜がデリケートであることは事実で、良い塗装をし
 ても耐久性は劣ります。
 セラック塗装がギターケースの内装材やギタークロスと化学反応を起こし、塗膜が崩れること
 が多くあります。ケース、ギタークロス、は確認をして購入していただきたいと思います。
 セラック塗装は熱に弱いことから炎天下の車中などは厳禁です。セラック塗装された楽器の手
 入れをする際ポリッシュによっては化学反応を起こす場合もありますから要注意です。よけい
 なものは使わず、息を吹き掛けて布でカラ拭きする程度にして下さい。
 
 
 
 
 Copyright(C)2001〜 Guitar Life LTD .INC. All Rights Reserved.