SITE MAP
 クラシックギター専門店ギターライフ社
 MENU トラブルサポート 力木剥がれ 力木剥がれの修理
力木剥がれの修理
 力木剥がれは視認で特定できないことが多く、打診で箇所を探しながら該当箇所を再接着します
 。初診段階で想定した箇所以外、広範囲に剥がれがあることもあります。力木は器具を用いて圧
 着しますので、サウンドホールに筒を配しているような楽器の場合は駒剥がれと同様、修復が難
 しいこともあります。
 
 
 写真右2枚は表面板の裏側を撮影したものです。力木の形状
 や配置はメーカーによって大きく異なります。力木剥がれの
 修理は写真右上のような一般的な構造の楽器は作業上の問
 はありませんが、写真右下の力木構造はワッフル型(格子状)
 です。このようなワッフル型を採用している楽器は再接着
 困難です。あえて修理を試みるとすれば表面板、又は裏板を
 取り外すことになり、大きなリスクを伴うことになります。
 写真下は裏板内部の一力木ですが、般的に裏板の構造は表面
 板に比べると力木の数量が少なく、配列がシンプルです。
 
 
 
 
 
 稀なケースですが、一部のメーカー中にはこれに反して入り組んだ力木構造を施している楽器
 がありますこのような楽器の裏板の力木が剥がれた場合、表面板のワッフル型と同様に修理が
 困難になることもあります。
 
 
 
 
 
 Copyright(C)2001〜 Guitar Life LTD .INC. All Rights Reserved.