SITE MAP
 クラシックギター専門店ギターライフ社
 MENU トラブルサポート ネック反り ネック反りの修正
 
ネック反りの修正
 ネック反りの修正は反りの程度によって異なります。反り
 僅かな場合はレットをスリ合わせることで解決します
 反りの度合いが大きい場合はケースバイケースで何段階
 か異なる修理を施します。基本的修正工程は フレット
 抜き、指板をストレートにスリ合わせ、新規にレットを打
 ち込みます。その際、弦高のセッティングが変わりますか
 ナットとサドルの再調整をします。ネック反り程度と
 よっては修正後にサドルを低くしなければならない場合
 あります。サドルに十分な余白があればよいですが、余白
 足りない場合は駒の改修をすることになります。サドルか
 駒の糸道に対しての角度が浅い場合、サドルを低くする
 できません。角度を確保する為に駒の糸道を作り
 ともあります。
 
 
 
 ネック反りの修正は反りの程度やネックの差し込み角度、更に駒の状態によって修理工程が
 ります。現状の指板が薄い楽器は強度が不足する為、スリ合わせが出来ないことがあります。ネ
 ック反り の度合いが大きい場合も修正後の強度が確保出来ない為、指板修正をることが出来
 ません。
 
 
 反りの度合いによってはフレット溝を埋めて、部分的にフレットを強めに打ち直すことで修正し
 ます。更に極端な反りの場合は最終的には指板を交換することになります。
 フレットを抜かない状態でネックに高熱をかけて強制的に直す方法もありますが、特に順反りの
 矯正は一時的に直っても短期間で元に戻ってしまうことが多く、又高熱でネックと指板が剥離す
 ることもあります。修理期間が短く、修理費用が安くできますが、お勧め出来ません。修理期間
 と費用がかかっても正規の方法で修正することを勧めます。
 
 
 
 
 
 Copyright(C)2001〜 Guitar Life LTD .INC. All Rights Reserved.