クラシックギター専門店ギターライフ社

 MENU CLASSIC GUITAR SELECT 音の遠達性

 
クラシックギターの音を聴く
 楽器を選ぶ際、自分で弾いた音を自分の耳で聞いて判
 断しますが、第三者が出す音を聞いてみることはそれ
 上に大切なことです。自分の楽器を第三者が弾いて
 いるのを距離を置いて聞いてみると、自分が感じてい
 た音がイメージとかなり違って聞こえるといったこと
 よくあります。ときには僅か数メートル離れただけ
 で遠達性が劣る楽器の判別がつくこともあります。
 面板を薄することによ音を出している楽器は距離
 を置いて聞いてみると“痩せこけた音”に聞こえ、逆に
 鳴りにくい楽器と思っていたものが距離を置くことに
 り豊な音が出ていることに驚くことがあります。
 遠近両方で良く鳴るという都合の良い楽器はありま
 ん。よいコンサートホールはそのものがギターのサウ
 ンドホになります。
 
 
 
 
 いわゆる“側鳴り”“バカ鳴りという至近距離で鳴るだけの楽器はホールでは音の輪郭
 ぼけて聞くに耐えないような音になります。表面板を薄くして音を出しているような楽器
 遠達性に欠けるだけでなく、強度不足ら表面板が歪んだり[板割れ]が発生しやす
 くなりますそのような楽器の中には数で寿命が終わるようなケースもあります。
 
 
 
 
175-0092 東京都板橋区赤塚 3-28-11-103 TEL:03-3979-1432  Copyright(C)2001〜 Guitar Life LTD .INC. All Rights Reserved.