クラシックギター専門店ギターライフ社

 MENU CLASSIC GUITAR SELECT クラシックギターのグレード@ クラシックギターのグレードA

価格の差は・・・?
 クラシックギターの価格を決定するファクターは幾つかありますが、デザインや装飾的なことは
 2次的なことですからここでは除外し、核心的な要素を列記します。基本的にクラシックギター
 は材質のグレードで価格を決定します。表面板、横板、裏板、指板、ネック、全て素材の段階で
 材質のランク付がなされます。このランク付がクラシックギターの価格の原点になります。価格
 設定の高い楽器に良い材料を使うということです。例えば表面板の場合、一般に[松材]や[杉
 材]などと総称していますが、[松][杉]いって産地が異なことにより、れぞれ
 特性いま。自然界の原木ですから全く同じものはありません。
 
 
KGL1-CD:杉

KGL2-CD:杉

KGL3-CD:杉
 
 一本の原木の中でもギター用にスライスすると何段階もの較差が生じます。ギター製作には通
 常、数種類の木材が用いられていますが、全ての材料のグレードの差が価格に直結されます。
 マグロを解体すると赤味、中トロ、大トロ、などに区分けできますが木材もそれじです
 ず、原木の中心部分と表皮に近い部分は楽器の材料として使えません。
 
 
KGL1-SP:松
KGL2-SP:松
KGL3-SP:松
 
 
 必ずしも木目が均一である材料が絶対的に良いとは限りませんが、[木目が均一]という要素
 一つについてもスライスした材料は全く同じものはなく、必然的に材料としてのランク付け
 出来てしまいます。年輪がある丸い木から四角の板を切り出す訳ですから、全て正目の材料
 が取れるはずはありません。表皮に近づくに従って“板目”の部分が多くなり、材料としてのグ
 レードが下がります。原木の太さにもよりますが、例えば表面板の場合、板全体が正目のも
 は僅かしかないということになります。表面板の材質については一般的に間違った見方をされ
 ていることが多くあります。必ずしも木目が細く詰まっている材料が良いとは限りません。
 目が詰まっていても材質的に“粘り”や“力”があまり無い材料もありますそれとは逆に木目
 間隔が広いにもかかわらず、力強くて良い材料もあります。
 
クラシックギターのグレード  
 
 
175-0092 東京都板橋区赤塚 3-28-11-103 TEL:03-3979-1432  Copyright(C)2001〜 Guitar Life LTD .INC. All Rights Reserved.