クラシックギター専門店ギターライフ社

 MENU CLASSIC GUITAR SELECT クラシックギターの塗装

 
楽器の塗装
 クラシックギターには塗装が施されています。楽器の塗装は大
 バリケード的な役割を担っています。塗装無しの楽器を想像して
 みましょう!大気の湿度変化を大きく受け、木材の収縮が大きく、
 頻繁に影響されることにより、板割れ、力木剥がれ、ネック反
 り、などが発生する確率が極めて高くなるでしょう。塗装が施
 れていることは木材の腐食を防止するという、楽器にとっては
 切な条件の一つです。塗装は木材を保護す、又は美しく見
 だけではありません。
 
 
 
 
 塗装は楽器の音に大きな影響を及ぼします。塗装無しの状態のギターを弾いてみると
 全体(特に低音)がボケた感じで、音の艶がありません。
 
塗装の補修・塗り替え
 塗装の欠けや剥がれは個々の状態に見合った補修を施しますが、場合によっては塗り替え
 必要なこともあります。その際は被せ塗りをせず、初期段階の塗装をきれいに剥がしてから再
 塗装することが肝要です。
 
 
 塗料と配合される溶剤はメーカーによって様々です。溶剤
 は時代と共に成分が変わっていますから同一のメーカーで
 も過去のものとは異なります。正規の方法で塗り替えをす
 るよりも被せ塗りは安価ですが、お勧できません。塗装
 ツヤ出しに粒子が細かいコウンドを使いますが、
 ンパウンドにも性質が異なるタイプがあります。塗膜を
 壊してしうまこともありますから、専門知識を有していな
 い方は軽々に使用しないほうが良いです。
 
 
 
 
 
 クラシックギターの塗料はラッカー、カシュー、ウレタン、セラック、等があります。カシュ
 ー、ウレタンは原材料が樹脂系の塗料で塗膜が丈夫で作業性も良く、耐用年数が長いことから
 多くのメーカーが採用しています。塗装は薄すぎればその役割を満たさく、厚すぎると別の
 問題が発生します。塗膜は厚すぎるとクラッキングを起こすことありす。同に厚すぎ
 塗装は音にも悪影響を及ぼします。中には本来の「木」の音が打ち消さ塗料の音が
 しているような塗装の楽器を見かけることもあります。どのうな塗料であっても塗膜が
 厚すぎることは音には良くありません。塗装は極めて専門性が高い分野ですので補修などを
 御自身で試みることは避けたほ良いと思います。
 セラック塗装
 
板に割れが無い状態で塗膜が割れることがあります。
 塗装のクラック
 
 
 
175-0092 東京都板橋区赤塚 3-28-11-103 TEL:03-3979-1432
 
 Copyright(C)2001〜 Guitar Life LTD .INC. All Rights Reserved.