クラシックギター専門店ギターライフ社

 MENU クラシックギターの見方・選び方 クラシックギターの管理 @ クラシックギターの管理 A

 
クラシックギターを管理する・・・
 ユーザーの手に渡ったクラシックギターは置かれる環境に
 よって様々な異なる変化をおこします。特に製作後一年位
 材料の伸び縮みなど変化が顕著に出ます。木材が温度や 
 湿度の変化によって伸び縮みすることは一般的によく知ら
 ていることですが日本は四季の格差が激しい為、 楽器
 ては過酷な環境を強いられていると言えます。高温
 にさらすことより塗膜が崩れたり、ケースの内装材が貼り
 付くことがあります。又、時には内部の力木が緩んだり剥
 がれたりすることもあります。エアコンや温風ファンヒ
 ターの風が直接楽器に当たるような事は厳禁です。楽
 ケースに入った状態であっても同様です。ホットカーペ
 床暖房にも注意して下さい。直に楽器をおいてはい
 ません。クラシックギターの接合部分は例外を除いて、
 ほとんどの箇所は“ニカワ”で接着されています。“ニカワ”
 優れた着剤ですが、極端な高音状態になると緩ん
 ける質があります。
 
 
 
 冬の乾燥期と梅雨時は気をつけましょう。環境の変化により木材が収縮することは材料が割れ
 ることに直結します。炎天下の車中やトランク内はエアコンがOFFの状態では50度を超える高
 音状態になりまうす。このよな環境に長時間クラシックギターを放置する楽器の原が無く
 なるような崩壊状態になります。
 
高湿度が原因で楽器が壊れます
 温度は体感的にわかりやすいものですが、注意すべきことは大気中の湿度です。極端に湿度が
 低い環境に楽器をさらすと板が割れます。時には僅か数時間で割れることもあります。平均湿
 度が高い中南米で製作された楽器は日本では高い確率で板が割れたり、ネックが逆ぞりになり
 ます。冬の乾燥期は部屋を加湿するなど効果的な湿度対策をすると良いです。その際は湿気を
 直接楽器に当てない様、部屋全体を加湿するようにして下さい。
 
クラシックギターの管理  
 
 
 
175-0092 東京都板橋区赤塚 3-28-11-103 TEL:03-3979-1432  Copyright(C)2001〜 Guitar Life LTD .INC. All Rights Reserved.