クラシックギター専門店ギターライフ社

 MENU トラブルサポート ナット調整

ナットの不良
 ナットはギターの音や弾き易さに大きく関係する部品です。楽器の製作段階で正常にセットされ
 たナットでも年月を重ねることでナット溝が削られて弦高のセッティングが低くなり、音のビリ
 つきが出ることがあります。ネック材が収縮することが原因で設定が変わることもあります。ギ
 ターのナットは既製品がありません。牛骨や象牙の角材を楽器に合わせて加工してセットします
 。ナットを交換する際は楽器本体をお預かりすることになります。
 
 
 
ナット溝不良による音のビリツキ
 ナット溝の巾が狭過ぎるとビリついたり振動音が出ることが
 あります。それが原因で糸巻を巻き上げる際、キシミ音が出
 ることもあります。ナット溝の形状は溝全体に弦の負荷が掛
 るように僅かなR状態が良いと思います。ナットは指板とヘ
 ッドの間にSETしますが、僅かでも間隙ができない様な精度
 要求されます。
 
 
 
 
 
 
 
175-0092 東京都板橋区赤塚 3-28-11-103 TEL:03-3979-1432  Copyright(C)2001〜 Guitar Life LTD .INC. All Rights Reserved.