クラシックギター専門店ギターライフ社

 MENU トラブルサポート 材料割れ@ 材料割れA

材料割れ
 クラシックギターは製作後一年位は材料の伸び縮みなど変化がより顕著にでる傾向があ りま
 木材が温度や湿度の変化によって伸び縮みすることは一般的によく知られていることで
 本の気候の格差が激しい為楽器にとっては過酷な環境を強いられているとえま
 す。湿度が低下する冬の乾燥期と湿度が高い梅雨時には特に気をつけて下さい。湿度50%〜60
 の環境が楽器にとって最も良いでしょう。板割れが発生しやすい冬の乾燥期は加湿器が
 です。楽器に湿気が直接当たらないよう、部屋全体を加湿するようにし下さい。湿度
 原因で板割れが発生した場合、ネック反りや力木剥がれなどを伴っていることが多あり
 ます。楽器全体のチェックすることを勧めます。
 
 
 板割れは早期発見、早期治療が肝要です。[割れ]は広がる事は
 ても自然治癒することはありません。楽器が入ったケースを硬い
 フローに倒した場合、僅かな割れでも木目に沿って割れ
 す。横板の割れは衝撃を受けることにより胴が切り状
 割してしまうこともあります。衝撃が加わらなまでも
 置すると板が変形することで修復が困難になりま。板
 が割た場合、割れた箇所や大きさかかわらず弦は緩めて
 さい。その際、割れた部分に触れずに修理に出して下さい。手垢や
 汚付着すると修理跡が残ることがあるからです。割れ方に
 すが単純な割れ方の場合、修理跡がわからな程き
 いにできることもあります。割れの接着を自身で試み
 のはやほうが良いと思います。過去にその事例を数多く見
 ましが、上手く出来た修理を見たことがありません。接着剤
 の跡が残り、修理の妨げになります。再修理は難度の高い作業
 り、修理額がなるケースが多くあります。板割れの修
 方法はそ所や割れ方にって異なります。そのまま接着で
 ることもあります、隙間ある場合、その隙間に相当する
 を噛ませることもあます。又、割れた箇所の裏側に補強材
 要となる事もあります。れ方は様々で修理金額と修理
 症状によっ異なります。クラシックギター専門店で楽器を
 ティングし、密閉されたショーケースに陳列してあるところは
 一軒もありません。そのような楽器を見かけたら器に
 り]と表示をして思って下さい。密閉されライティン
 したスペースの湿度は砂漠と同様になります。湿度10%〜20%
 といは板がます。
 
 
 
 
材料割れ
 
 
 
 
175-0092 東京都板橋区赤塚 3-28-11-103 TEL:03-3979-1432  Copyright(C)2001〜 Guitar Life LTD .INC. All Rights Reserved.